格安航空券とその他の移動手段の比較

青空と飛行機

格安航空券とその他の移動手段の比較

今では日本の国内線にも格安航空会社が複数存在しています。
そのため格安航空券が多数市場に出回るようになり、飛行機の航空券=思ったほど高額ではなくなりつつあります。
しかしながら航空券の中では格安航空券であっても、他の移動手段と比較した際に飛行機は格安だと言えるのでしょうか?

他の移動手段と比較してみる

では飛行機と他の移動手段の料金について比較してみたいと思います。
移動手段は短めで、東京⇔名古屋と設定します。
この場合、主な移動手段として飛行機以外にも、新幹線や高速バスが存在しています。

新幹線の場合は、東京⇔名古屋で普通席に乗車した場合の運賃は、指定席で11090円となっています。
そして乗車時間は1,5時間程度です。
新幹線の場合は、飛行機の空港と異なり新幹線の駅までのアクセスがよく、乗り継ぎが楽なのも魅力です。

対して飛行機の場合、飛行機の方が新幹線よりも早いというイメージが強いですよね。
確かに東京⇔北海道や沖縄という場合は、新幹線よりも飛行機の方が早く到着します。
ですが、東京⇔名古屋だと飛行機だと1時間48分の時間がかかるため、新幹線の方が早いのです。

肝心の料金ですが、飛行機で普通席の場合は東京⇔名古屋で8200円となります。
そのため利便性をとるか、料金を取るかで移動手段を飛行機にするのか新幹線にするのかで意見は人によって分かれるところです。
最終的には自分の好みやライフスタイルで決めてみるのも良いかも知れません。

料金がダントツで安いのは高速バス

高速バス
そしてかかる時間は飛行機や新幹線と比べようもなく、長時間乗車する事になりますが、料金のみ比較するのであれば、ダントツに安いのは高速バスです。
ちなみに高速バスの場合は運賃はなんと東京⇔名古屋で2500円程度となっています。
半額どころか4分の1以下の運賃で目的地に到着する事が出来ます。
さすがにこの金額は、格安航空会社でも適わないと言えるでしょう。

ただし、かかる時間も3〜4倍かかってしまい、東京⇔名古屋で6時間程度かかってしまいます。
体力的には厳しいですが、深夜バスを利用すれば、移動時間がかかってもその時間を睡眠時間にあてて、ホテル代も節約する事が可能です。
旅費にかかるお金の大半が、交通費とホテルの宿泊費ですよね。
そのため高速バスを利用すれば、交通費とホテルの宿泊費を大幅に抑える事が出来るので、激安で旅行をする事が出来ます。

肝心な事は、旅行の目的と優先順位を明確にした上で、飛行機なのか、新幹線なのか、それとも高速バスなのか選択するようにして下さい。

ページ上に戻る

Copyright © 2017 格安航空券の歴史とは?変わっていく航空業界 All Rights Reserved.