格安航空券に旅行会社は必要なのか?

青空と飛行機

格安航空券に旅行会社は必要なのか?

格安航空券はキャンセルが出来ない、そんなイメージを持っている人も多いのではないでしょうか?
確かに以前はキャンセル不可が一般的でしたが、今はキャンセル料は発生しますがキャンセル自体は行う事が可能です。
ではなぜキャンセルが可能になったのか、その事情について紹介します。

航空券を扱うには旅行会社だけではない

以前は旅行会社が団体ツアー用として、航空会社から安く航空券を仕入れて、個人客に販売していました。
ですが本来団体割引で安くなっている航空券を個人客に販売するという行為は、グレーゾーンな行為です。
でも実際に個人客が航空券を購入しようと思ったら、航空会社から普通運賃で購入するよりも、旅行会社から団体割引された格安航空券の方がお得度が高いため、旅行会社の航空券が売れた訳です。

そして団体割引の航空券であったため、個人客がキャンセルして返金をして欲しいと言っても返金する事が出来なかったのです。
しかしながら、現在は旅行会社にグレーゾーンな手段で勝手に安く販売されるよりも、自社の運営するサイトで航空券を販売した方が利益が出ると航空会社が旅行会社に頼らず、自分で航空券を積極的に販売するようになりました。

この場合、航空会社が自社の運営するサイトで航空券を販売しているので、キャンセルに対して返金に対応してくれるという訳です。
ただし、航空会社によってはキャンセル不可の航空券も未だ存在しています。
そのため旅行の予定が確定ではないという場合は、航空券の変更やキャンセルが可能かどうか事前に必ず確認するようにして下さい。

旅行会社を利用しない人が増えている

パソコンを使う人
以前は格安航空券と言えば、旅行会社が提供するものでした。
しかし先ほども紹介したように、ネットの普及に伴い航空会社が自社の運営するサイトやオークション等から手軽でお得に航空券を購入出来るようになりました。
そのため旅行会社を利用して、手数料を支払うよりも、自分で航空会社のサイトから航空券を購入した方が安いと言えるでしょう。

また航空会社が航空券とホテルの宿泊をセットにしたプランを提案していたり、アプリで乗り継ぎやレンタカーまで考慮したプランを提案するなど、旅行会社を利用しなくても支障がなくなりつつあります。

魅力的なプランがあるから旅行会社を利用するという場合は話は別ですが、旅費を安く抑えたいというのであれば、旅行会社を利用せず、自分で航空券とホテル宿泊を選んだ方がお得度は高いと言えます。

ページ上に戻る

Copyright © 2017 格安航空券の歴史とは?変わっていく航空業界 All Rights Reserved.