AIを利用して格安航空券の旅行プラン

青空と飛行機

AIを利用して格安航空券の旅行プラン

2016年はAIという言葉が社会に浸透しました。
AIとは人工知能の事で、日常生活の様々なシーンで活躍の場を広げています。
実は旅行シーンでも、AIのサービスを利用する事が出来ると知っていますか?

AI利用アプリ

人工知能
例えばパソコンのメーカーとして有名な富士通では、2016年に「ディープス」と呼ばれるアプリを開発しました。
このアプリはAI技術によって、利用者の好みを学習し、都合のいい時間や最適な観光スポットを考慮しながら旅行プランを提示してくれるのです。

AIは、店舗や観光スポットの関連情報を集め、口コミなども参考にして、利用者と似た趣味の人の記録を参考に旅行プランを組み立てます。
1人の顧客に対して旅行会社や航空会社がここまでリサーチして旅行プランを提示してくれる事はまずありえません。
たくさんの蓄積された情報を短時間で処理する能力が備わっているAIだからこそ、可能になったサービスだと言えるでしょう。

そしてAI利用アプリを活用する事で、旅費のコスト削減を行う事も十分に可能です。
そもそもAIを活用する事で、人件費の削減につながりますし、満足度の高い旅行プランを提示すればリピーター率が高まります。
そうすれば、集客力が高まるため広告費の削減にもつなげる事が可能です。

そして経費が大幅に削減すれば、その分企業は利益を出しやすく、その利益を利用者にも還元されるようになれば、利用者のお得度も増します。

AI利用アプリで格安航空券

積まれた本
先ほどAI利用アプリは、利用者の好みを学習すると言いました。
もし利用者の旅行での優先順位が、移動手段にお金をかけるのは勿体ない、交通費を抑えた分で旅行先で豪華な食事を楽しみたいという場合、AIはその好みをキチンと理解してくれるので、移動手段は格安航空券を選択し、その分店舗選びやホテルの食事で豪華なところを選択したプランを提案してくれます。

さらにAIは利用すればするほど、利用者の好みを把握し、よりよいプランに仕上がっていくというメリットがあります。
扱う情報量という点でも、AIに個人が適う領域ではありませんから、旅行プランはAIが提案する事が今後主流になっていくのではないでしょうか?

AIを利用した旅行プランを提案してくれるアプリは、富士通以外にもグーグルやgooなどの大手企業もすでに参入しています。
どのプランを自分が興味を持つのか、複数のアプリの中から比較してみても面白いですよね。

Similar Posts:

ページ上に戻る

Copyright © 2017 格安航空券の歴史とは?変わっていく航空業界 All Rights Reserved.